2009年10月16日金曜日

カラコンの販売に許可が必要になります

今はドンキホーテなどでも販売されている「度無しのカラーコンタクトレンズ」ですが、来月2009年11月4日からは、度があるコンタクトレンズと同じ扱いとなり、薬事法上の「医療機器」して規制の対象となります。コンタクトは高度管理医療機器にあてはまりますので、今後は高度管理医療機器販売業の許可を持った営業所でないと、カラーコンタクトは販売できなくなります。

厚生労働省ウェブサイト: おしゃれ用カラーコンタクトレンズについて
(別窓で表示されます)

弊社のウェブサイトでも医療機器販売業の許可や届出についてご確認頂けますので、ご参照下さい。
医療機器許可代行オフィス:医療機器販売業・賃貸業
(別窓で表示されます)

実は、私も今から12年ほど前くらいにカラーコンタクトを使っていた時期がありました。度入りだったんですけどね。極度の乱視と近視の私の視力は、その頃はハードコンタクトでないと矯正できなかったのですが、海外ではカラコンはポピュラーだったしどんなものか試したい!というのもあって、度入りカラーコンタクトをつけてました。若気の至りですね。笑 眼科で診てもらっての購入だったので、ふつうのコンタクト感覚で安心してつけていられましたが、よく使うものはわずかですが使っているうちに色がはげてきていました。ハードと併用だし、カラーも何色か持っていたので、1枚を長期間使っていたわけじゃないのに・・・考えたらちょっと怖いですね。目に悪そうですもんねぇ。

2年もしないうちにカラコンは使わないようになりましたが、今では日本でも価格も下がり、度無しであれば簡単に手に入るので、高校生の子達がつけていたりしますもんね~。今後は、ちょっと変わってくるかもしれませんね。

【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行株式会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行オフィス

2009年10月10日土曜日

コーヒーブレイク:今日も休日出勤

世間は3連休ですね!

私は、本日土曜出勤です。土日祝の天満橋界隈、特に谷町周辺はは平日よりは静かですが、天満橋側は水都大阪2009も12日で最終ということもあって、いい感じににぎわっています

先週も日曜日、先月も土曜出勤が多かったですが、平日お越しになれない方とお会いできる時間は土日しかない! うちのボスとともに、頑張りますよ!

先週は外国人の方が起業され、会社設立も完了したので、「投資・経営」の在留資格取得のための事業計画書の作成のための打ち合わせでした。

今週も入管関係の手続きについて・・・ここ最近、外国人の方の手続きや外国からの問い合わせなどを受けたりすることも多くなっていますが、日本に滞在する、またはしようとする外国人や日本とのビジネスに興味を持つ外国人の方々のパワーは、驚かされることが多く、私自身、若い頃にはあったけど今は忘れていたような瞬発力や行動力を今も奮い立たさなきゃな・・・という気持ちになります。

私自身も全世界を飛び回ったわけではないですが、海外の何カ国かに行き、実際生活をしたり、日本国内でも色んな国の人に会い、ネット上でも色んな話をしてきましたが、島国は日本だけではないですが、日本はその島国の中でもグローバルな視野を持ちにくい環境にあると思います。

twitterやmyspaceで色んな国の人と簡単に会話することができるし、実際様々な国の方が英語や他の外国語で交流しているんですけどね。。。わたしもプライベートでtwitter等を利用していますが、Janet JacksonとTina Landonが和解してアメリカのMTVでMichael Jacksonのトリビュートで一緒にパフォーマンスしていたんだよ〜と教えてもらったり(皆さん、なんのこっちゃ?というような話ではありますが。)、MySpaceを通じて在日在外問わず外国人から仕事を請けることもありましたし、ドイツ人の学生とイラストでのビジネスについて話し合ったりなど・・・その地域の貴重な体験や、最新のホットな情報を聞いたり話し合ったりすることができます。私自身、10年前の単語力は無くとも(もともと単語力より、"行き当たりばったり文章力"ってところがありますが)コミュニケーション力が上がったのか、分かる単語の範囲内で十分やりとりできるという慣れも生まれましたし、わからなければ、「わからない」と言えばよく、説明してくれますしね。どうも日本人は「わからない」「知らない」ということを恐れて、本当に自分の中を通って外へ消化(ダイジェスト)できないことが多いんじゃないかな〜、そこが日本にいる外国人とのパワーの差かもな〜と思うこともあります。

もちろん日本国内も様々な環境で、様々な人が暮らしています。東京では東京のパワー、沖縄では沖縄のパワー、奄美大島でも奄美大島のパワー、北海道には北海道のパワー・・・実際私も日本国内の都道府県へ行くとそれぞれの土地のパワーを感じてきましたが、それぞれがもっと他と混じり合うことがあってもいいんじゃないかな?とも思います。

ほんと、日本に興味を持っている外国も依然多いですしね。ビジネスチャンスは国内だけではありません。だからといって海外に行く必要もなく、日本にいて、他国間いや多国間のビジネスを繋げることもできます。

日本の国としての政策がぐらつく時代、しかも島国、だからこそ何に対しても個々が広い視野を持っていかなければ、このまま日本は・・・なんて考えちゃいます。

でも、クライアントの皆様、様々な業種・人種でありますが、みなさんパワーが漲ってらっしゃいます。それを感じていると、休日出勤も全然苦ではありません。

「こいつ、単なる外国かぶれか?海外にばっかり目がいってる」と思われるかもしれませんが、在日外国人だけでなく、海外と貿易したい!、日本へこれを売りたい!という企業の相談、ほんと多いですし、世界丸ごと興味を持ってないとやっていけませんから。

もし日本が外国と陸続きになっていたら、物流(貿易)や人の交流が国内外問わずもっと自然と行われる環境ができていていたんじゃないかな・・・と思う次第であります。国内の人の流れも変わっていたかもしれません。一蘭のラーメンが、もっと早くに大阪に来ていたかもしれません!笑 私が福岡で食べて「これ来る!」と思って、10年以上経ってからやっと大阪に来るというのが現実なんですもん。(元祖長浜屋もそうやったけど・・・あれで400円やったしな。)


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行株式会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行オフィス

2009年10月9日金曜日

サインがない!?

今日はまた、フィリピン領事館へ提出していた書類のピックアップへ行ってきました。同時に何件かの書類を提出したので、受取のサインをしたあとに書類の数を確認(公印の確認=レッドリボンといわれる「Authentication」ではなく、「Noting」と呼ばれる認証で書類の内容の確認=verificaitonを含むもの)し、スタンプがあるか確認して、領事館を出ました。

よっしゃ帰ろう~と京橋の駅に向かったのですが、駅に着いて電車を待っている間になんだか返却された書類が気になったので、もう一度見返していました。

「あれ?スタンプあるし、番号も書いてるけど・・・サイン・・・あれ?」

なんと領事館へ提出し受け取った書類のうちの半分に、認証の印にあるはずのvice presidentのサインが無かったのです!サインがあるはずのスペースのすぐ下の書類番号や金額は直筆で記入されているのに、サインだけが無いという・・・。

改札を通ってホームへ行った後でしたが駅員さんに「忘れ物をした〜」と訳を話して、ピタパの履歴デリートしてもらって、またMIDタワー24Fに戻りましたよ。

で、領事館の窓口でいつもの担当さんに"sir, you know, i've just got these documents...but there're no signatures on them. See..."と見せたら"wow!"と驚いてらっしゃいました。「今、時間ある?」という彼の問いに、違う日に取りに来るなんてイヤだわよ!・・・とは言わず、"yes."と笑顔で答えたら、即座に対応してもらえました。でも完了まで15分くらい待ったかな。

いやぁ、日本の公的機関が認証時にサイン忘れる〜なんてことはまぁないと思うんですが、直筆で連番でナンバリングしてある書類なのに、そのすぐ上の欄のサインだけ抜けてるなんて。。。こんな事もあるんですね。これからは、領事館出る前にくまなくチェックしよう!と思いました。しかし、「虫の知らせ」っていうのか・・・あるんですね。事務所に帰ってしまわないうちで良かったです。

こんなことも考えて、ボスは役所等への書類の提出や受領は出来る限り午前中に済ませろ!と言ってるのかもしれません。窓口で何かあっても、午後にまた行って夕方までに返送できれば、他府県でも次の日に届けることが可能ですし、大阪府下や近隣で急ぎであればその日中にお渡しできる場合もありますし。

とまぁ、私自身の反省も生まれた出来事でした。


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行株式会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行オフィス